野乃有紀恵

白昼の白い乳房 新世紀文藝社

白昼の白い乳房

妻が夜の相手をしてくれなくなり、私は日々悶々と生活していた。そんな時、妻の母、そう義母が私を誘惑するかのように淫らな肢体を見せた。最初は戸惑い…