夫の前でオルガズムを迎える 貞淑美人妻 矢部寿恵

Pocket

タイトル
私は人妻の不貞を書きたいのだ。夫以外の男に抱かれ、女の本当の悦びを知った人妻の転落を…純文学の大家として鳴らした作家・矢部。しかし担当編集に「時代遅れ」といわれてしまう。だが、妻寿恵の提案で担当編集の臨む官能小説を書く事に同意した。純文学一筋な上に、既に男としての機能を失った矢部に官能小説など書けるわけもない。そんな矢部が思いついたのは、寿恵をほかの男に抱かせる、それを覗きながら創作意欲を掻き立てようというものだった…。矢部の手配でカリスマサオ師といわれる中村に抱かれた寿恵は、初めてのオルガズムを迎える。

>>エロ熟女の続きをクリックして見る

夫の前でオルガズムを迎える 貞淑美人妻 矢部寿恵
熟女:矢部寿恵【Global Media Entertainment】
>>人妻エロ動画の続きをクリックして見る